9/10(金)にServiceNowの認定システム管理者試験(Certified System Administrator;CSA)を受験し、合格することができましたので、受験記を残しておきたいと思います。

ServiceNowに関する日本語版のドキュメントはまだまだ少なく、対策は難しいと感じました。この試験を受験する上で、必ずやる必要があることと、やっておいたほうがいいことについて、まとめておきたいと思います。

必須事項

ServiceNow Fundamentalsの研修(全18章)の受講を行い、CSA受験用バウチャーコードの取得

研修内問題の復習(合計10h程度)

ラボを2回実施

無償インスタンスで実際に操作(ユーザ作成、グループ、ロール、List、Form作成、ACL、テーブル、サービスカタログ、サービスポータル、Studio、通知など)←割とこれが大事

やっておいたほうがいい

Webに公開されている用語集の結び付きを自分なりにまとめる

用語の意味を聞く問題がほとんどです。

上記のような勉強法で、60問中40問は自信を持って解けました。合格点は42点なのですが、独特な日本語訳に慣れておくようにしておけば、あとの数問についても自力で解くことは可能です。

業務でServiceNowを利用される方であれば、3ヶ月程度の実務経験を積んだ後のほうが楽です。UI ポリシー、UI アクションやビジネスルール、スクリプトインクルードなどを日常的に触れておいた方が良いです。

また思い出したことがあれば、追記します。

試験に関する公式ドキュメントはこちら

<ServiceNow Certified System Admistrator 試験仕様書>

リンク先

<日本語試験お申し込み方法>

リンク先

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中